協会認定制度について

目的

あまたあるカシス商品の機能性を、第三者組織である協会が、
その成分を分析・定量することで消費者の商品選択に資する。

手順

  1. カシスの機能性成分(カシスアントシアニン)の定量方法を規格化する。
  2. クライアントの要請により、その商品の機能性成分を協会規格によって分析・測定を実施。
  3. その分析・測定結果が、クライアントの申請通りであれば認定マークを交付する。
  4. 認定マーク使用にあたっては、個別の契約が必要となります。

定量機関

弘前大学 他(最低2機関)

一般社団法人 日本カシス協会認定マーク

4種類のマークからクライアントによる選択制